夢は追いかけることに意味がある


幼い頃、将来の夢は?と何十回も聞かれましたよね。成長するにしたがって聞かれなくなっていく夢の話。


パイロットになりたい、お花屋さんになりたい、学校の先生になりたい、警察官になりたい、

総理大臣になりたい、お嫁さんになりたい、ヒーローになりたい、お姫様になりたい

現実的なものから、


くすっと笑えるおとぎの国まで、子どもの想像力は、大人の予想を超えます。なれるわけない=笑う ということなんだと思います。


子供は笑われても気になりません、○○になりたいと言い続けます。大人はどうでしょう?


高校生になり、大学生になり、社会人になり、くすっと笑われることに敏感になっていきます

大人になればなるほど、簡単に答えられた質問にも答えられなくなっていきます。

親、友人、職場の人などの顔色を伺って、答えを変えたり、内緒にしたり、好きなものが好きだと言いづらくなる。


純粋に願った夢があったはずなのに、その他の関係ないものによって変えられていくように感じたことはありませんか?


夢を追いかけると、必ず邪魔する者が現れます。嫉妬する者、悪口を言う者、いじめる者など

あなたが活躍すればするほど敵は増えます。彼らは、それぞれが複雑な感情を抱えています。


・自分も同じ夢をもっていたけれど諦めたことがある

・自分も同じ夢をもっているけれど、あなたより劣っている など、事情があるのです。


しかし、あなたには全く関係ないこと、自分自身が納得いかない人生を歩んでいるから、人に攻撃してくるのです。


そのような相手こそ、くすっと笑ってやりましょう。


夢が現実になるか、ならないか、そんなことよりも大事なことが分かっていないのです。


夢を追いかける=自分の原動力。夢がない人は、原動力(燃料)がないのと同じこと、夢や理想がなければ、何も始まらないのです。


あなたの夢は何ですか?追いかけましょう!今すぐに!!

MKOTO (Мコト)

福井みおのオフィシャルサイト ■公式LINE■ @ilg3664p ■Twitter■ @miofukui